satokibiの投資初心者日記

投資ど素人の奮闘記

RSIを利用して購入ポイントを探そう!気にするのは2箇所のみ

スポンサーリンク

f:id:satokibi6:20190310072510p:plain

 

FXを始めてみたけど

どこの時点でポジションを

入れていいのか分からない。

 

この後、

上昇するのか

下降するのか

判断ができない。

 

色々調べているが

なかなかきっかけ

がつかめない。

 

そんな状況の毎日です。

 

今回は私含めて

買うための

ポイントの指標の一つ

RSI

についての記事となります。

 

初歩的なことを備忘録・勉強

の為に残しておりますので

ご承知おき下さいませ。

 

 

RSIとは

RSI(Relative Strength Index)は

日本語で

「相対力指数」と呼ばれ

一定期間の値動きの

強弱を数値化したものです。

 

買われ過ぎ、売られ過ぎの判断材料

 以下が私が使用している指標

となります。

 

緑の線が通常の通貨の推移

青の線がRSIの推移となります。

 

f:id:satokibi6:20190310063445p:plain

 

下の青の線は

0~100%で表示されており

 

70%

買われ過ぎ

 

30%

売られ過ぎ

 

を表しています。

 

相場反転の兆し

上記の様に

買われ過ぎ

売られ過ぎ

の状況になると

 

反転するチャンスとなります。

 

ここで

買われ過ぎの場合は

 

売り

 

売られ過ぎの場合は

 

買い

 

の判断材料となります。

 

実際に上の図を見ても

紫の線が

70%と30%

の上限と下限

を示しています。

 

ちょうど

差しかかったところで

反転されているのが

お分かりでしょうか。

 

判断材料の一つとして

ただ、相場に絶対は存在しないので

これ一つで判断するには危険です。

さらに良化したり悪化すること

もあります。

 

他の指標と組み合わせて

より安全な取引を

していくようにしましょう。

 

また、別の手法も

記事にしてまいります。

 

 

まとめ

今回はRSIについての

記事となります。

 

まとめると

 

◇RSIが30%になったら

 

買いポジション

 

◇RSIが70%になったら

 

売りポジション

 

を入れる準備をしましょう

 

と考えればいいかなと。

 

上記でも述べているように

一概にこれだけで

判断はできないので

他の自分ルールを

持ち条件が一致した

場合にようやくGOですね。

 

習うより慣れろ

という言葉が

ありますが

慣れる前に

退場だけはしたくないので

ここは慎重ですね。

 

過去の指標などを分析し、

デモ口座などで

練習の後が一番ですね。

 

ネットで調べると

本当に様々な情報や

商材、コミュニティが

存在しております。

 

成功している人から

教えてもらうのが

近道なのかなと

思う時もあります。

 

しかし、

中には悪質なものも

多いです。

 

そういったものの

分別が出来ない状況下

で手を出すのは

怖いですね。

 

少しでも

自身で見聞して

情報収集に

勝るものはないですね。

 

少しでも

気づきを得られるよう

アンテナは

常に張りたいです。

 

少々余談の方が

長くなりましたが

今回はここまでとします。

 

ここまで

お読み頂き

ありがとうございました。

 

次回以降もどうぞ

宜しくお願い致します!

 

※投資はリスクが伴いますので

自己責任、自己管理は大切に

してください。