satokibiの税理士合格目指して

30歳後半からの挑戦

2020年8月簿記論・財務諸表論ダブル合格目指して!

スポンサーリンク

2020簿記論財務諸表論


 

12月半ばに無事に会計事務所に転職することができました。

これからようやく税理士試験を初受験しようと思っています。

30歳すでに後半にさしかかりこれから税理士試験を受験していこうと結構きつめの道を進んでいきます。

勉強自体は嫌いではないのでまだいいのですがちょっとした資格マニアになりかけているかなと感じながらも既に片足をつっこんでいこうとしているので最後まで頑張りたいと思います。

まずは2020年に簿記論、財務諸表論の2科目を目指してせっせと取り組みたいと考えています。

独学か学校か?

まず直面したのが上記の2択。

当然、学校に通ったほうが合格するまでの最短距離を示してくれているので効率は良いかなと思います。

ただ、結構1科目でもいい金額しますよね。

簿記論財務諸表論ダブルで約30万近くのお金が出ていきます。

 

ほかの資格で5年以上かけて勉強したのでなんとなく勉強方法は確立しつつあり過去問重視の勉強方法で通ってきています。

税法科目だと通わないときついかなという肌感覚なので会計科目2科目は独学でいきたいなと考えてはいます。

答案練習や模試は少しでも問題に触れておきたいので受験はしますが通常の基礎講義は市販のテキストでなんとかこなしたいと思います。

簿記1級も少しはかじっては止めを繰りかえししたり実務での応用が効けばいいなと感じます。

TACのテキストの分冊が意外と多い!

テキストは前の取った資格でもお世話になったTACのテキストで頑張ろうと思います。

ただ、簿記論で4分冊、財務諸表論で5分冊となかなかのボリューム感。

年末年始はこうやってブログを書きながらテキストを見て勉強というスタイルになりそうです。

とりあえず、こうやって記載することで何か私の頭の中で定着すればいいかなと考えています。

TACテキスト

 2科目同時に勉強中!!

まだまだ触りの部分しか解いたりしていませんが両方のテキストがちゃんとリンクして作られているので簿記論⇔財務諸表論を往復してなんとか知識の定着と開放をマスターしたいと思います。

実務ではだいたいで処理できているけど実際説明しろと言われると結構難しいところがあります。

財務諸表論がその最たるものになりそうです。

記述で書くなんていつ以来だろうと思います。

ほとんどがマークシートの試験ばかりだったので何とか解けていた部分が往々にしてありました。

2020年8月簿記論・財務諸表論ダブル合格目指して!まとめ

なんだかんだで年内にテキストを買うところまではこぎつけました。結構はヤバ目の感じしかしませんがあと残り8か月を乗り切りたいと思います。

今後も定期的にこのブログ更新もしていきます!!