satokibiの税理士合格目指して

30歳後半からの挑戦

法人設立と節税

スポンサーリンク

※スマホ投稿のため、乱文失礼します。

 

節税のために法人設立、法人成りとかありますが実際のところはどうなのかなと思い書いてみました。

 

まず、今まで給与でもらっていた場合は給与所得での扱いになり税率は違います。

それを個人事業として事業所得でもらうと所得税はかわり税率もだいぶ上がります。

経費や青色申告特別控除などがあり調整はできます。

そもそも同じ仕事なのに外注扱いにするなどは労働基準法などの別の問題にはなりますのでそこは割愛します。

 

次にこの所得税が高いので法人化し、そこから給与をもらうという場合は法人は法人税となり個人はいままで通り給与所得となります。

 

このへんのカラクリをしっかり理解して一番節税として正しいものをチョイスしたいですね。