satokibiの税理士合格目指して

30歳後半からの挑戦

<<私事>>会計事務所に転職決まりそうです!本当にこのブログ通り税理士試験目指す!?

スポンサーリンク

※スマホ投稿にて処理のため申し訳ありません。

 

タイトルの通り、完全に私事になりますがご報告になります。

兼ねてより転職活動をしておりましたが何とか内定を頂くことができました。

まだ、正式なご連絡はしていないのですが30歳後半で最後の転職と思っております。

税理士試験科目合格、税理士が当然優遇!
どこかでプロフィールを記載したいとは思いますが、一応経理経験が少し長いくらいである程度のことはこなせる自負があるのがちょっとした強みと思っています。

ただ、会計事務所には在籍した経験はなく、その点に関しては結構無謀な挑戦と思って応募していました。

当然、書類選考では他者との比較検討の結果、お見送りのお言葉が並びます。

募集条件にも当然のごとく、税理士科目優遇、会計事務所経験○年以上と書いてありますから引っかかるほうが稀と思います。

何社かは興味示してもらい面接へ
下手な鉄砲、数打てば当たるではないですが数社からお会いしたいとのありがたいオファーも頂きつつ面接にいけることになりました。

ただ、どうしても面接者にも強敵揃いと私自身の性格に問題があるのか会う合わないがハッキリしており不採用になることもしばしば。

税理士試験は受けますか受けませんか?
とりあえず定型文句のごとく聞かれるこの質問。

このブログタイトル変更もこれの影響を受けてのものです。

30歳後半から5科目取得は働きながらは容易ではないことは理解しつつも何故か資格の勉強だけは好きなほうだったので苦にはならないです。

色々なことをしたいなと思う探究心的なものはここ数年で大きくなってきてはいます。

それが退職理由の一つになっているのかなと思ったりもしています。

これからの時代はITとか思いプログラミングもやったりとどこに進んでいるのかも一人で疑問形になっています。

今回頂いた会計事務所の案件
内定を頂いた会計事務所は小規模な会計事務所で所長先生が面接途中から是非うちに来ないかと今までの面接とは一線を画す状態でした。逆にこっちはスゴイ不安になりましたね。なんか裏があるのか勘ぐり状態でした。終始面接ではそのような状態だったので最後は少しこちらも評価頂きありがとうございますとお伝えした次第でした。

仕事の仕方も最近のツールはじゃんじゃん取り入れており共感できる部分はあったりと昔の所長先生の勤めていた事務所と縁があったりでした。

 

仲介の業者の方からが手ごたえを聞かれありのままを答えたら向こうも半信半疑でしたが翌日には内定だったので驚いておりました。何人か候補を出されていたけどうまくマッチングしていなかったそうでしたのでビタはまりの人材だったようです。

年収面もちょっと遠慮がちで提示した金額よりも大幅に上げた金額であったり少々ハードルが上がっているかなとの心配はありますね。

 

2019年10月中のご返事なので現職の退職の連絡も同時に考えなければいけなかったりと2019年から2020年年明け早々には新規一転となることになりそうです。

 

クライアントに対してのサービスの提供という漠然した気持ちで仕事をしたいと考えていたのでご縁がありお世話になるかも知れないですがブラッシュアップはしていかないといけないですね。

 

資格マニアではないですが社会保険労務士とファイナンシャルプランナーの資格も持っているので相乗効果を狙っていきたいと思います。完全の資格の学校に踊らされている気もしたことはありましたが宝の持ち腐れにしたくはないとの感覚もあったりでした。

 

まとめ
色々と書けるといいなと始めたブログなのでこういう形でも残していきます。

何かあれば消しゴムのごとく消去すればいいだけですしね。

両立できるように頑張らねばと思います。

今後も記事更新して備忘録として使っていきます!!